査定と媒介契約

査定に納得したら媒介契約です。そこで家は正式に市場に売りに出されることになります。買い手が現われたら諸条件を詰めていきます。双方の間で話がつけば売買契約を締結し、契約書の内容の通り物件の引渡しと料金の支払いが行われ、取引終了です。ネットで近年増えてきた不動産売却の一括見積りサイトを使うと、住宅売却の基礎となる査定を手軽に幾つもの不動産会社から取ることが可能です。こうした不動産査定サイトは提携する仲介業者各社から協賛金を受け取ることで運営されているため、売却希望者の利用は無料です。家で時間のあるときに、わずかな手間で各社の見積りを比較分析できますから、結果として納得のいく取引ができるのです。住んだままにしろ引っ越してからにしろ、家を売るならきちんと清掃しておかなければいけません。清掃が不十分だとか、季節用品や不用品が放置してあるような状況では買い手もつきにくく、家の評価も下がってしまいます。廃品回収やリサイクル業者などを利用し、不要品のないすっきりとした状態を作りましょう。自力で無理そうなものは、お金はかかるものの、住まいの片付けを専門にしている会社に委ねるという手段もあります。無事に家を売ることができた場合ですが、一般に言われるハウスクリーニング等は、契約書に記載があれば別ですが、必ずしもやらなくても良いのです。多くは家庭における清掃レベルでOKですが、清掃を買い主側が希望するといった例もあります。そのような場合は仲介する不動産会社と相談のうえ、クリーニング代行業者等を使うなどの対処を検討しますが、相手の希望の度合いにもよるでしょう。家を売るとなれば早々に買い手が見つかればありがたいのですが、長期にわたって販売する例もあります。珍しいことではありませんが、だいたい3ヶ月たっても購入希望者が決まらないときは、いくらか値段を下げるか、別の不動産会社と媒介契約を結ぶなどの対応も必要かもしれません。法律上、仲介契約は最長3ヶ月で終了すると決められていますが、別の会社にすることも可能です。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒イエイの実態と口コミ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です